南台課程大綱
學年度 100學年第一學期 系所 日語系
課程名稱 應用日語會話(一) 班級 四技日語三甲,四技日語三乙
授課教師 神作晉一 點 閱 次 數 100
選修
選修
課程概述
これまでに学習した日本語を、実際に会話で使えるようにするためのトレーニング(training訓練)の場とする。日本人と話す場面(接触場面)を意識した練習をする。複数の人の前で話すこと(スピーチ)や、プレゼンテーションの練習などということも考えたい。
課程目標
1・初級・中級の文型の復習をしながら、日常生活に必要な表現を練習する 。
2・場面や人間関係などに配慮した適切な表現ができるために、「敬語」の習得・練習を目的とする。
3・発話と反応を円滑に行うこと、また、きれいな発音・アクセント・イントネーションの習得を目標とする。
4・場面や目的にあわせたタスクtaskを実行するために、会話作成やロールプレイなどを行う。
「会話」の練習を目的とした授業なので、できるだけたくさん受講生に話してもらう授業にしたい。
課程大綱
日常生活の他、ビジネスの場面を意識した会話の練習をする。次のような場面が考えられる。
01 訪問する/02 簡単にあいさつする/03 誘う/04 断る/05 お願いする/06 反対の意見・批判的な意見を言う/07 申し出る/08 おわびをする/09 予約を受ける/10 サービスの敬語/11 相談を受ける/12 電話の敬語/13 正式にあいさつする/14 スピーチをする/15 面接試験を受ける/16 取材する/17 発表する/18 メールの敬語
英文大綱
下載
Doc Pdf
連結(一) 連結(二)

上一頁